• 男木島空撮
  • 男木島全景
  • 男木島からの夕焼け

瀬戸内海にある男木島(香川県高松市男木町)は、高松港から約35分ほど沖合に位置し、周囲4km、人口200人に満たない小さな島です。その大部分が山地であり平地がほとんどありません。そのため民家は島の南部の男木港周辺の斜面に密集して建ち並んでおり、その民家の間をまるで迷路のように細い坂道が入り組むといった独特の景観が特徴的です。島には全国でも珍しい御影石造りの男木島灯台があり、「日本の灯台50選」に選ばれ、また映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台にもなりました。

また、瀬戸内の島々を会場にして3年に一度開催されている現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」に初回の2010年から参加しており、華やかなアート作品で島が彩られています。現代アートとの融合や新しくもホッとするような懐かしさを感じることができます。

島に住む人たちの活動は「コミねっと高松」からご覧いただけます。

 

Webサイト責任者
氏名 浜川 洋美(はまかわ ひろみ)

連絡先・事務所(局)
氏名 宮下 始(みやした はじめ)
〒760-0091 香川県高松市男木町134
TEL 087-873-0002 / FAX 087-873-0708