「瀬戸内国際芸術祭2016」関連イベントのご案内

 

「瀬戸内国際芸術祭2016」夏会期開幕日の7月18日(月・祝)から8月7日(日)まで、高松港エリアに「瀬戸内アジア村」がオープンすることはご存知でしょうか。

 

「瀬戸内アジア村」とは 、タイの伝統工芸や民芸を紹介する「タイファクトリーマーケット」、食をテーマにした無国籍レストラン「ALL AWAY CAFE」、アジア12カ国の地域から集結した16組のパフォーミングアーティストが公演を行う「Asia Performing Arts Market in Setouchi 2016(APAMS2016)」という3つの目玉パートで構成されるイベントだそうです。

イベント期間中に高松港を訪れたら、アジア各地の文化や食を一度に楽しめてしまうという何とも贅沢な体験ができそうですね。

 

男木島では、7月中に「APAMS2016」に出演する2組のアーティストが島に滞在しながら、ワークショップやショーイングを展開予定です。

アーティスト情報や島内におけるワークショップ・ショーイングの開催予定日時・場所などの詳細は、下記に添付しておりますチラシ画像をご覧ください。

 

IMG_0002_NEW

 

参考リンク

「瀬戸内国際芸術祭2016」公式ホームページ(http://setouchi-artfest.jp/